FC2ブログ

私の簡単な身体の温め方

臨床心理士の仕事をしていると、とにかく体調管理が大切です。
簡単にはお休みできないからです。休んでしまったら、予定していたクライエントに
「今日は久持はお休みなので、代わりに別の者がが担当させていただきます」とはできないですよね。

というわけで、風邪をひかないように、体調を崩さないように気をつけています。
体調管理の基本として、「冷え」対策は必須ですよね。
個人的には「冷え」に対してかなり気をつけているのですが、今日はその中の一つをご紹介したいと思います。

それは、「はなまるうどん」の「かけうどん小(略してかけ小)」です。
なんと、かけうどんの小は常時100円!
期間限定ではなく、常に100円なのです。
本当?って思う方は、こちらのホームページでメニューを見てみてください。
http://www.hanamaruudon.com/

さて、私は個人的に色々と仕事を掛け持ちをしているので、
日中はどこかで仕事をしていて、夕刻以降の時間に立川の「やまき心理臨床オフィス」
にてカウンセリングを行うことがあります。
そういうときに、お腹がすいてカウンセリングに臨むと、
途中でお腹がグーグー鳴り出したりして、かなり意識をそちらに持って行かれてしまい、
「これはプロとしてはだめだな」と思うわけです。
そこで、ちょっと移動の空いた時間に「はなまるうどん」にいって「かけ小」をいただくことがあります。
これが、寒くなるとかなりの頻度でお世話になるのです。

確かに、ちょっとした腹の足しにはなるだろうけど、そこまで「冷え」に良いと絶賛するのはなぜか?
と思われるかもしれません。
それは、「かけ小」は温かいうどんである、ということはもちろんですが、
それだけではなく、店内におろし生姜が置いてあって、自由に入れることができるのです。
この生姜と温かいスープ、そしてちょっとスパイスとして七味を入れると、その後、温まること!
はい、小腹がすいて、身体が冷えている方はおすすめです。100円で小腹を満たし、身体を温めることができます。

個人的にはしょっちゅうお世話になっています。
今日も、雨が降っていて非常に寒かったので、ありがたくいただきました!


スポンサーサイト



事例検討会について

臨床心理士は、事例検討会をよく行います。
やはり、「クライエントの役に立つ」ということを考える際に
事例検討会は欠かせないと思います。
(もちろん、スーパービジョンや、各種研修も欠かせないと思います)

さて、その事例検討会。
私も今まで様々な事例検討会に参加してきました。
そして、残念ながら事例検討会に参加して「出なきゃよかった」と思わされることが多くあります。
なぜそう思うのかについては色んな理由があるのですが、その理由の一つに

「事例検討会参加者の発言や質問の意図がわからない」

ことが多々あります。
「えっ?なんでそんなことを聞くの?」と思うのですが、
質問した方は「わかりました。ありがとうございました」とだけ言って着席。
「そのうち何か発言があって、その時にさっきの質問の意図がわかるかもしれない」
と期待していていても、結局最後まで何も発言せずに解散。
「あの質問は一体なんだったのか!?」

こういう体験したことはありませんか?

これは、事例検討会に参加する人のモラルの問題のようにも思います。
発言・質問した方は何らかの自己満足がおそらく得られているのだと思いますが、
その場にいる人には全く得るものがない。

できれば、事例検討会での発言や質問の際には、その発言や質問の意図をしっかりと
会場にお伝えしていただきたいと思います。もちろん、私も気をつけようと思います。

当事者から学ぶ

先日、やまき心理臨床オフィス主催の勉強会にて
不登校・引きこもり経験者に話を伺いました。

不登校・引きこもりの経験者が、当時を振り返り、どんな援助が役に立ったのかについて
お話を聴くことができたのが大きな収穫だったと思います。

その方が言うには、最も良かったと思う援助は
話を聴いてもらうことではなく、「〇〇しなさい」と強く指示されたことだそうです。
自分でもどうして良いかわからない状況の中で、「ああ、そうすれば良いんだ」と信じて
言われたとおりにしたら、どんどん上手くいって、自信もついてきたとのことです。

私たちは「アドバイス」についてはなるだけ控えるように習ってきました。
それは、「アドバイス」は相手の役に立たないことが多い、だとか、
アドバイスをすると相手を受け身にして成長する力を奪ってしまう、などなどがその理由となります。
しかしながら、その方の話を聞くと、アドバイスも時に必要だし役に立つということがわかりました。

むしろ、「アドバイスは控えるべき」という考えを持つことで、アドバイスを考える思考を停止していたり、
相手の切実なニーズに対して鈍感になってしまったりするという悪影響もあるかと思いました。
「アドバイスは、しようと思えばいくらでもできるけど、敢えて控えている」のと
「アドバイスはしようと思ってもできないのに、アドバイスを控えているように振る舞っている」
のでは格段の違いがあるのではないでしょうか?
プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR