FC2ブログ

根拠のない自信が本当の自信!?

カウンセリングをやっていると、「自信が持てません」という方がいらっしゃいます。

なぜ自信が持てないのかと言うと、「私はあれもできていない、これもできていない、何もできない」
などとおっしゃいます。

でも、何もできていないということはありえませんので、
できているところに注目して「こういうことはできているのではありませんか?」
などと伝えてみると、「いえ、それはみんなできていることなので、当たり前のことです」
と返ってきます。

このようなやりとりを通して、「自信って何だろうな?」と考えさせられます。

「わたしはこれができない」と言っていたことができるようになったとしたら
自信がつくのかと思いきや、そういうわけではなく、やがてそれができるようになったことは「当たり前」なこととなり、
他にできないことが出てきてしまい、やっぱり自信が持てない状態が続いていきます。

ものすごく能力が高くてお金も地位も名誉も持っている方が自信がないこともあります。
またその全く逆の方でも自信がある方もいらっしゃいます。

人はみんな問題を抱えていますし、どんなことも完璧にこなせる人はいませんから、
自信に根拠を求めるのは意味がないことですし、それは本当の自信ではないように思います。
本当の自信って、もっと根拠のないもののような感じがしています。
スポンサーサイト



不登校・発達障害の学習支援(塾・家庭教師)

最近、不登校や発達障害の方への学習支援に力を入れている塾などが増えてきております。
それだけ、ニーズが高まってきているということなのでしょう。

しかし、小学生への学習支援はかなり充実してきている印象を受けますが、
高校受験や大学受験に向けての学習支援はまだまだ発展途上だと思います。

高校受験や大学受験を指導できる先生はたくさんいらっしゃるのですが、こうした先生が、
不登校や発達障害を持つ方の特徴を踏まえた学習支援についてのノウハウを身につけるのは
実際のところかなり難しく、それまでの指導経験が邪魔をしたりすることもあるようです。

私の知っている限りでは
神戸セミナー
が、こうした分野にそうとう力を入れています。
神戸セミナーの先生方は、定期的に研修を受けているだけでなく、
なんと、臨床心理の学会に参加をされたり、学会発表までされたりするほどなので、
その力の注ぎようは、凄まじいものがあります。
おそらく、ここまで力を入れている塾は、全国的に見てもなかなかないのではないかと思います。
宣伝の上手な塾は、監修として著名な先生の名前などが載っていたりしますが、
大事なのは、監修している先生が著名かどうかではなく、実際に指導にあたっている先生にどれだけ力があるかです。

神戸セミナー、とても素晴らしい塾なのですが、なにせ、東京から、遠い・・・。
というわけで、私のところにいらっしゃるかたで、不登校や発達障害を持つ方(小学生をのぞく)への学習支援となると
現時点では、家庭教師を紹介するのが比較的うまくいきやすいと感じています。

やまき心理臨床オフィス
では、必要に応じて家庭教師のご紹介なども行っています。
紹介した家庭教師は、その後、私と綿密に連絡をとりながら進めていくので、カウンセリングとの連動もバッチリです。

子どもの学習支援をしてくれるところを探しているけど、
上手く見つけられない、あるいは、いままで、色んなところでお願いしてきたが、上手くいかなかった
というかたは、一度ご利用を検討していただければ幸いです。
プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR