FC2ブログ

ネタが・・・

さあて、そろそろブログでも書いてみようかなあと思い、
パソコンを立ち上げ、画面を見つめること1時間・・・。
全くネタが思い浮かびませんでした(笑)

日々の生活の中で、「あ、これブログに書こう」と思うことは多々あれど、
いざ、書くとなると思い浮かばないものですね。

ちょうど今日、健康診断で検尿を行ったのですが、
いざとなると、なかなか出ない・・・。

そんなことが頭の中で見事に重なり、「そうだ、この現状を書いてみよう!」
と思いつきました。

どうぞ次回にご期待ください
スポンサーサイト



厳しい言葉をマイルドにする工夫

カウンセリングをしていると
厳しい言葉をマイルドに伝えたり、サラッと核心をつくようなことを言ってみたりすることが有効だと感じます。

相手にとって厳しい言葉は、しっかりと伝わることが難しいものです。
それは、本人にとって受け入れがたいことなので、ある意味当然の事と言えます。

こうした厳しい言葉は、「伝える」ことが大事なのではなく、「伝わる」ことが大事なのです。
ですから、相手に伝わるために、いかに厳しい言葉をマイルドに伝えるかについて日々考えていく必要があるのです。

でも、こういったことは、何もカウンセラーだけが実践していることではなく、
カウンセラーでない人も実践しているのですよ。

例えば、人の欠点を指摘する際に、直球で「あなたのここが欠点だよ!」と伝えるのではなく、
「あなたのこういうところで損をしているよ!」と伝えたりしますよね?

「損・得」で論じることによって、深刻さを軽減し、
「損をしているよ」と伝えることで、相手のことを心配する気持ちが伝わり、言葉がマイルドになるのだと思います。

いかがでしょうか?
厳しい言葉をどうやったらマイルドになるのかを考えてみると、結構奥が深いものです。

復興支援はこれからです!

学会参加のために熊本に行った後、今度は岩手県に復興支援のために行ってきました。

復興支援と言いましても、私が行ったのは、被災地に行ってメンタルヘルスに関する講演を行うことです。
支援としては本当に小さな小さな支援でしょうが、私が役に立てることはこれくらいなものです。

被災地に行って感じたことは、まだまだ支援が必要であると言うことです。
私たちが震災のことを忘れずに、細々とでも良いので支援を続けていくこと
これこそが私たちにできることのような気がします。
震災から3年半が経ち、震災のことが風化しつつあるように感じます。
現地に行ってみて感じたことはまだまだ復興されたとは言いがたいと言うことです。
震災直後の、一時の気持ちの盛り上がりで支援するのも良いですが、
本当の意味の支援は、むしろこれからのように感じました。

私たち一人ひとりにできることは本当に小さなことですが、
これから細く長く支援を続けて行きたいと思います。
プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR