スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊敬する人から言われた言葉の裏に嫉妬が垣間見えたら・・・

「尊敬する人から認められたい!」
これは多くの方が望んでいることでしょう。

尊敬している人から「がんばってるね」とか「すごいね」
などと誉められた時の嬉しさといったら、言葉では表現しきれないものがあります。

しかし、「がんばってるね」とか「すごいね」などと誉められているうちは本物ではありません。
というのも、その言葉を発する人に余裕があるからです。
余裕があるということは、自分と相手の間にかなりの実力差があるということになります。

本当に、自分の力が相手に肩を並べたり、もしくは相手を超えるようになったときにはどうなるでしょうか?
相手の心の中に嫉妬心が芽生えます。そうすると、言葉の裏に嫉妬心が垣間見えるようになって来るでしょう。

例えば「余計なことをするな!」という言葉。

こうした言葉をかけられると、しかもそれが尊敬する人から発せられると、非常に傷つくかもしれません。
ところが、この言葉の裏に嫉妬心が垣間見える場合、これはある意味最高の誉め言葉と受け取っても良いかもしれません。相手を脅かすほど、嫉妬心を掻き立てるほど力がついたということなのですから。

人から言われた言葉を言葉通りに受け止めるのではなく、その裏に込められた気持ちを読み解いていくと
全く違った理解に結びつくことがあるのですね。
スポンサーサイト
プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。