FC2ブログ

臨床心理士のスーパーバイズ

「やまき心理臨床オフィス」では、臨床心理士へのスーパーバイズを行っております。

久持が担当するスーパーバイズは、以下の特徴があります。

スーパービジョンの特徴
(最低限身につけていただきたいことを3ステップで指導します)
STEP1 ケースについて口頭でプレゼンできる(クライエント像が活き活きとイメージできるように)
STEP2 ケースについて自分で見立てられるようになる
STEP3 自分の持っているリソースに気づき、ケースの中で活かせるようになる

スーパーバイジーの能力や特性に合わせた指導を行います
ケースを行うのはあくまでスーパーバイジー自身です。そのため、「スーパーバイジーが実行可能なことは何か?」という視点でコメントしたいと心がけております

スーパーバイジーが「お客様」です
この業界ではスーパーバイザーが「師匠」でスーパーバイジーが「弟子」と言う関係になりやすく、スーパーバイズを受けるのには大変敷居の高いことになっていると思います(特に、専門領域が異なるスーパーバイザーにSVをお願いする場合は尚更)。私はスーパーバイジーが「お客様」という考えを持っておりますので、専門領域が違っても、ご希望があればお引き受けいたします。もちろん、1回限りの「お試しスーパージビョン」もOKです

2~4年程度で卒業を目指す
1回のスーパービジョンの質を高めるためには、ある程度卒業までの期間を設定しておいたほうが良いと考えております。※もちろん、設定した期間は絶対ではないので、期間の前に終わりにすることもあるでしょうし、期間が過ぎても継続することはあるかと思います)

ご関心のある方は、やまき心理臨床オフィスホームページへ
やまき心理臨床オフィス/スーパーバイズ
スポンサーサイト



自信を積み重ねること

「自信をつけるプロセスは、波打ち際で砂山を作るのに似ている」

これは、随分前に、ある相談者から出た言葉です。
すごく考えさせられる言葉でした。

自信をつけるために、体験を積み重ねていっても、その積み重ねた自信をあっという間に
奪ってしまうような周りからの影響があるのです。

ですから、自信をつけるためには、そのための体験を積み重ねるだけでなく、
積み重ねてきた自信を守る「防波堤」を作るような作業も必要になってくるのです。

自信をつけるためのカウンセリングは「やまき心理臨床オフィス」にて行っております。
http://www.yamakioffice.com/index.html
プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR