FC2ブログ

「のど元過ぎれば熱さを忘れる」に学ぶ性犯罪再犯予防

性犯罪の中でも「痴漢」と「盗撮」は再犯率が非常に高いことが明らかになっております。
「痴漢」や「盗撮」の再犯予防に関するカウンセリングを行っていると、
捕まった時の経験を思い出しては「もう二度とあんな思いはご免です」とほとんどの方がおっしゃるものの、
それでも再犯に至ってしまう。これには様々な要因が絡んでいるのですが、今回は
その一つの要因についてとりあげてみたいと思います。

「もう二度とあんな思いはご免だ!」、と身震いをしながら語る方がいます。
実際に、女性を見かけても全く盗撮・痴漢をする気にならず、むしろ不快な経験を思い出して苦痛ですらある。
そのような状態が続き、しらばくは再犯の心配をせずにすむことは、しばしば経験されます。
しかし、この状態ですが、(人にもよりますが)およそ半年~1年くらいでなくなってしまいます。
それは、ある種の記憶が薄れていることが要因になっているのです。

ある種の記憶とは「身体感覚」の記憶を指します。
ここで考えるべき記憶とは「出来事」、「思考」、「身体感覚」の3種類です。
例えば、盗撮をした直後に、駅員さんに声をかけられて、そのまま駅員室に連れていかれて、その後警察の到着を待ち
警察署に行って事情聴取を受ける。
こういう記憶は「出来事」に関する記憶です。このような記憶は薄れにくい傾向があります。
次に、警察署に連れていかれる間に、「この先どうなってしまうのだろう」とか「とんでもないことをしてしまった」
などと考えたというような場合、これらの記憶は「思考」に関する記憶となります。この記憶は
「出来事」の記憶よりも薄れやすく「身体感覚」の記憶ほどは薄れにくい傾向があります。
最後に、駅員さんに「すみません、今、盗撮されていましたよね?」と声をかけられたときの血の気が引く感覚。
この記憶は「身体感覚」の記憶です。この記憶が実は最も薄れやすいのです。

「のど元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがありますよね。
「熱い飲み物を飲んでやけどをした」という記憶ははっきりと残っているものの、
「熱い!」という身体感覚の記憶が薄れてしまうために、同じ過ちを繰り返してしまうのです。

以上の事から、捕まった時の「身体感覚」の記憶を薄れさせないようにすることが再犯予防に役立ちます。
ただし、「身体感覚」の記憶は非常にデリケートな扱いが必要なので、ご自身で試されるのではなく
専門家の力を借りながら行った方が良いと思います。

盗撮や痴漢など性犯罪再犯予防のカウンセリングはやまき心理臨床オフィス
にて行っております。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR