スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉についてのうんちく

私にとってのストレス解消法で最も効果が高いのが「温泉に入る」ことです。
数えたことはありませんが、おそらく全国300近くの温泉に入ったことがあります。
(それでも、温泉通の人からするとまだまだ少ないのですが)

数ある温泉の中でも、入ることによる効果が全く違ってきます。
私にとって効果の高い温泉は「お湯が良い」ことです。
「お湯が良い」というのは何で決まるのかというと、
1.「源泉掛け流し」である(必須)
2.浴槽に対して十分なお湯が投入されていること
3.浴槽に入っている人口密度が低いこと
3.お湯がわいている場所と浴槽の場所の距離が近いこと
4.泉質の良さ(これは好みの問題)

意外と知られていないようですが、
施設が立派であることと、お湯が新鮮で、かつ、きれいであることは全く別です。
それどころか、反比例することが多いとすら思われます。
施設が立派なところは、人気があるのでたくさんの人が入ります。
これによってお湯が汚れます。
また、元々限りあるお湯の量に対して、広い浴槽を作ってしまうために、
お湯が足りなくなります。そのために、お湯を循環させて、その際に塩素を大量に投入します。
衛生面では問題ないのでしょうが、これではプールに入っているのと同じです。
出るときにはシャワーでしっかりと洗い流さなければなりません。

ですから、湧出量に見合った施設を作ることで、施設が小さくなったとしても
「源泉掛け流し」にすることが最重要です。

そして、できれば、浴槽に対してお湯が投入される量が多ければ多いほどお湯の鮮度が高くなります。
また、すごく遠くからお湯を引いてくると、その場所にたどりつくまでにお湯が劣化してしまいます。
最高に良いのはお湯が沸いているその上に浴槽を作ることです。(これを「足元自噴」といいます)

こういう温泉は全国を探してもなかなかないのですが、
入ってみると、とても気持ちが良いものです。

これが私にとっての最高のストレス解消法です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。