スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いの境界線

最近、テレビを見ていてよく思うことがあります。

近年は、報道番組などにもお笑い芸人の方が出演されており、
「情報を伝達する手段」の一つとして「笑い」が非常に重視されてきているように思います。
「笑い」が生じることにより、「面白く」なり、堅苦しさがほぐれて幅広く視聴者に伝わりやすくなるのだと考えられます。

今年は「ゲス不倫」や「薬物」など、「笑い」をとるには非常に繊細な配慮が求められるような報道が多かったように思います。
そんな中、プロの芸人さんは非常に上手に笑いを取っていて、驚かされました。
一歩間違えば、自身の品位を下げてしまったり、言ったことを取り上げられて叩かれてしまうリスクを抱えているのに、
ほとんど失敗なく笑いを取っている。
「笑い」には笑いになるかならないかの境界線があり、そのギリギリで生じる笑いが一番面白かったりするわけです。
そのギリギリのラインで、ほぼ100%外さずに笑いをとれているお笑い芸人さんは、さすがプロだなあと思いつつ、
実は一番の常識人なのではないかと思いました。

常識人であるためには「常識を知っている」だけでなく、「常識と非常識の境目を知っている」ことも必要なのだろうと
考えさせられました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mochisyu

Author:mochisyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。